この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2008年5月)

2008年5月20日

久しぶりの映画
初回投稿日時: 2008年05月20日19時09分31秒
カテゴリ: 雑談
SNS: (list)

リリース前の開発も完全にストップしているので、今の内に前から気になってた劇場版の相棒を見に行ってきました。

ネタバレになるので詳しいことは書けませんが、ひとことで言うなら「金返せ」って感じでした。映画の後半は、半分政治的な主張を、一方的に押しつけようとするだけのものでした。せめて、反対の意見を言うキャラクターが居ればまた変わってたのかもしれませんが、一方の意見のみを何度もくどく主張され、登場人物たちは一切反論しません。おもしろい、おもしろくない以前の問題で、よくある、結論先にありきの討論番組見てるような感じです。しかも金を払って。予告等では一切、こういうテーマを隠していただけに商売としては悪質です。

何かのメッセージを主張したい映画は、そのために作った映画でやることには反対しないのですが、人気シリーズで、その人気を利用して、こういうのをネタにする、というあたり、制作陣に名前を連ねてるテレビ朝日等の企業の歪んだ意向が大きく反映しているのではないかと勘ぐりたくなります。

かなり好きなシリーズでDVD-BOXも買い続けてるぐらいファンだったので、この「利用された」劇場版は非常に残念な内容でした。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。