この日記はMozillaのプロダクトへの貢献者としての私の成果を中心に、気になったバグやWeb界隈の話題について書いていますが、 断り書きがある場合を除き、いかなる団体のオフィシャルな見解ではありません。あくまでも個人的なものです。 Mozilla Foundation、Mozilla Corporation、及び関連企業の公式情報ではないことに注意してください。

現在、XHTML 1.0 (もどき)から、HTML5なコンテンツに修正中です。古い日記は修正が完了していませんので表示が崩れます。 順次、修正していく予定ですのでしばらくお待ちください。

もずはっく日記(2005年8月)

2005年8月24日

SNSからの引用
初回投稿日時: 2005年08月24日02時09分36秒
最終更新日時: 2005年08月24日02時19分42秒
カテゴリ: 雑談
SNS: (list)

SNS内の文書はご存じの通り、その会員以外には見えないし、そのことを前提に日記を書いている人も多いのではないかと思う。

では、ここから通常の公開されているWebページに引用することは許されるのだろうか?

法的には引用の条件を満たしている限り(転載ではない限り)問題ないように思えるが、道義的にはどうなのだろうか。一般的にプライベートでやりとりしたメールの内容を公開すべきではないわけだが、この問題はこれに近いように思える。

かといって、自分の文書に対して批判的な内容をSNS内で公開された場合、これに反論したくなるかもしれない。また、逆に、素晴らしいコメントがついたので紹介したくなるかもしれない。しかし、これらを引用してのコメントはそのSNS内でなければ許されないのだろうか? もしそうなら、消化不良で何か気持ち悪い。かといって、SNSに場を移して議論を続けるという選択肢は、議論が分散してしまうし、元々一般公開された文書でのみ追いかけていた人には置いてけぼりを食らわせてしまうので論外だ。

メールのように引用する前に相手の了解をとれば良いのは確かだが、もし自分に批判的な相手だった場合、そこまでするのも難しいように思える(気分的に)。相手に悪意というか敵意のようなものが感じられる場合は特にそうだろう。

みなさんはどのようにお考えだろうか。

先日のトピックにmixiからリンクがありますが、これとは関係ありません。あれは好意的なコメントでした。

関連するかもしれないエントリ

関連するかもしれないエントリを発見できませんでしたが、無いとは限りません。

このエントリへのリンク元

このエントリを参照しているURIはありません。